プログラミング備忘録

プログラミングでやったことを書いていきます。Python,機械学習など

グラフィカルなエンティティリンキングサイト「Serelex」

はじめに

面白そうなサイトを知ったのでただ紹介すると言うだけです
serelex.cental.be

どんなサイト?

「Serelex」というサイトで Finds semantically related wordsとあるように
ある単語を入力すると、その単語と意味的に繋がりのある語がグラフィカルに表示されるというサイトです。
f:id:tkm-kyudo:20180416191549p:plain

使ってみる

個人的な趣味でtouhou(東方project)と入力してみる。
結果は以下のようになる。
f:id:tkm-kyudo:20180416192222p:plain

ちゃんとvideo gameと紐付いているのがわかる。
個人的にこれが面白いと思った。
darkstalkers(ヴァンパイアシリーズの英題らしい)と
紐付いているのは、レミリアやフランドールが吸血鬼(ヴァンパイア)だからだろうか。

表示されているエンティティをクリックすると、
クリックしたエンティティの繋がりが表示される。
(ここではdarkstalkersをクリックした)
f:id:tkm-kyudo:20180416192603p:plain
litelary classicsやtitleは『吸血鬼ドラキュラ』繋がりだろう。
yatsura(うる星やつら)はよくわからなかったのでググったところ
どうもドラキュラ伯爵が出てくる話があったみたいで、それでリンクが繋がっているのだと思う。

使ってみて

今回はtouhou(東方project)という、かなり限定された単語を入力してみた。
かなり有名とは言え、同人ゲームというジャンルの1ゲームではあったが、
それなりにエンティティリンキングがされていた。
一般的に使われる語句などはもっとリンクが多いし、有用なのではないかと思う。

使いみち

純粋に単語を入力して、どんな繋がりがあるかを見るだけでも結構楽しいと思う。
APIが公開されているので、機械学習とかをさせる際に知識ベースとして利用できるかもしれない。
個人的には、後者の使い方を模索してみたいと思った。

終わりに

本当はtwitterで簡単に呟いて終わるつもりだったのだが、
何故か何回やってもエラーが起こってしまったので(リンクの問題か?)
内容は薄いがブログとして書くことにしました。
なぜこのサイトのURLはhttpなのだろう、そこは割と疑問ではある。
興味が湧いたのならぜひ使ってみてください。